【イークラウド】10万円からはじめられる あなたもエンジェル投資家

広告 このコンテンツには広告を含む場合があります。

イークラウドのポイント
  • 一株からの投資に対応
  • 「エンジェル税制」対象企業も掲載
  • 大和証券グループから出資されているイークラウドだから安心

エンジェル税制の採用により、ベンチャー企業への投資人気が高まっています。

ベンチャー企業には興味はあるけど、ベンチャー企業への投資方法がわからない人もいらっしゃいます。

本記事では一般公募していないベンチャー企業への投資ができるイークラウドについてご紹介します。

イークラウドは、大和証券と事業提携を受けている事から企業信頼は高く、取り扱い案件も条件を満たした企業のみを掲載。

イークラウドでは投資額に応じでAmazonギフト券を最大10,000円プレゼントするキャンペーンを実施中です。

税制優遇させる「エンジェル投資」と合わせて、お得に投資をはじめてみませんか?

\ 10万円からはじめられるクラウドファンディング投資 /

目次

イークラウドとは

イークラウドでは証券会社に一般応募されていないベンチャー企業が、出資者を応募している株式投資型クラウドファンディングサービスです。

企業名イークラウド株式会社
設立2018年7月
代表代表取締役 波多江 直彦
事業内容株式投資型クラウドファンディングの運営
住所東京都中央区八重洲1-5-20
東京建物八重洲さくら通りビル3F
加入協会日本証券業協会

インターネットを通して将来性がある企業の非上場株式を発行し、少額の投資資金を集めるシステムです。

投資金額は案件によって異なりますが100,000円以下から投資できる案件もあります。

▼投資案件の一例▼

投資すると株式が発行されます。

投資先の一部の企業では「配当金」や「株主優待」を実施している企業もあります。

ベンチャー企業は成長途上であり、成功すれば非常に高いリターンが得られます。
ベンチャー企業は、従来の企業よりも早期に成長し、市場での地位を確立することができます。
そのため、ベンチャー企業への投資は、将来的に高いリターンを得ることができる可能性があります。

ただし、投資した企業が結果がでない場合は配当は勿論、投資額が0になるリスクも可能性もあります。

りょー
りょー

投資には常にリスクはつきものです。
0になっても生活に支障がない資金で運用する事がポイントです。

\ 10万円からはじめられるクラウドファンディング投資 /

イークラウドのメリット

一株からでも株主になれる

一株からでも投資した株主になれます。

イークラウドで募集している投資は、世間から認知されていない案件ばかりです。

クラウドファンディングで投資を募集している企業はIPOを目指している企業ばかり。

将来、上場やM&Aで企業価値がUPした時には投資額の何十倍になる可能性もあります。

ベンチャー企業の一株が上場会社の株に化ける可能性も十分に考えられます。

配当金・株主優待がもらえる可能性

イークラウドで募集している一部の企業では「株主優待」を実施しています。

投資先を迷われている方は「株主優待」も投資選びの材料としてもいいでしょう。

ただし、「株主優待」を優先にして投資先のコンセプトとズレての投資は避けましょう。

イークラウドで「株主優待」を実施している企業は一部です。

エンジェル税制の対象

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進するためにベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度です。ベンチャー企業に対して、個人投資家が投資を行った場合、投資時点と、売却時点のいずれの時点でも税制上の優遇措置を受けることができます。

中小企業庁

イークラウドで募集している案件の中には「エンジェル税制」対象企業も多数募集しています。

エンジェル税制対象株式取得

エンジェル税制

優遇措置A優遇措置B
対象企業設立5年未満の企業設立10年未満の企業
控除対象投資した年の総所得金額投資した年の株式譲渡益
控除金額投資金額-2,000円 ※1投資金額全額 ※2

※1 申告分離課税のうち所得税の15%が優遇措置の対象(住民税の5%は対象外)
※2 控除対象となる投資額の上限はありません

エンジェル税制対象株式売却

エンジェル税制対処の株式を売却することにより生じた損失は、その年に他の株式を売却して得た利益と相殺することができます。

株式投資において損失が生じた場合でも、その損失が直接的に所得税や住民税の額を減らすことができます。

また、相殺しきれなかった損失については、翌年以降3年にわたって、順次株式の売却益と相殺することができます。

これにより、株式投資において損失が発生した場合でも、その損失が長期的に税金の負担を軽減することができます。

株式投資においては、損失が発生した場合でも、その損失をうまく活用することで税金の負担を軽減することができます。

ただし、株式投資はリスクが高い投資であるため、慎重に取り組むことが必要です。

大和証券と提携

イークラウドは大和証券の子会社であるFintertech株式会社から出資を受けています。

大和証券グループからの後ろ盾もあることから「コンプライアンスの遵守」と「投資案件の適正化」が保持され続けています。

不正などで投資家を裏切るリスクは低いと考えられます。

\ 10万円からはじめられるクラウドファンディング投資 /

イークラウドのデメリット

イークラウドのデメリットについて紹介します。

イークラウドの案件に限らず株式投資は、投資した株の価値が0になる可能性もあります。

株式投資とイークラウドで取り扱っている投資案件の特性を認識した上での投資を行ってください。

利益が出るまで時間がかかる

イークラウドに募集している多くの企業はベンチャー企業ばかりです。

クラウドファンディングに申し込みをしてからすぐに「配当金」や「株主優待」は期待できません。

ベンチャー企業は突然に大きな利益を生み出すことも期待できます。

イークラウドの案件に応募するときは長期目線で投資すると考えておきましょう。

倒産するリスクがある

投資企業が倒産するリスクも考えられます。

倒産についてはイークラウドで募集している企業だけに限らず、上場している企業も倒産するリスクは抱えています。

老舗企業と比較するとベンチャー企業は成長段階の企業のため不安定です。

収益をもたらす可能性と倒産するリスクを考えて投資することをオススメします。

投資額に制限がある

株式投資型のクラウドファンディングは年間1社に対して最大50万円までの投資制限があります。

集中投資したい人はクラウドファンディングは不向きな投資です。

株式投資型クラウドファンディングは投資を分散して、リスクを減らしていくことを心がけましょう。

イークラウド 投資こんな人にオススメ

イークラウドで投資を募集している企業の応援したい人や、長期的な視野で投資を考えている人にオススメです。

ベンチャー企業への投資は老舗企業や上場企業と比較すると安定した配当は期待できません。

しかし、事業が当たれば大きな収益をもたらすのもベンチャー企業です。

投資先を分散させてることで大きなリスクを減らし、収益が入る可能性が増します。

投資初心者は一株を複数の企業に分散しての投資をオススメします。
仮に投資企業の一社が倒産して株の価値が0になっても最低限の損失に抑えることができます。

イークラウド 投資額に応じてアマギフが貰える

イークラウドでは投資額に応じて2023年4月1日〜2023年5月31日の期間内に投資した金額に応じて最大10,000円のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。

キャンペーンを機会にイークラウドで株式投資方クラウドファンディングを始めてみてはいかがでしょうか。

対象期間内の合計投資額Amazon ギフトカード
5万円以上〜15万円未満2,000円分(新規登録特典:500円分+追加分:1,500円分)
15万円以上〜30万円未満4,000円分(新規登録特典:500円分+追加分:3,500円分)
30万円以上〜50万円未満6,000円分(新規登録特典:500円分+追加分:5,500円分)
50万円以上10,000円分(新規登録特典:500円分+追加分:9,500円分)

\ 10万円からはじめられるクラウドファンディング投資 /

Amazonギフト券が貰えるキャンペーンは【無料】Amazon ギフト券が貰える キャンペーンを紹介で紹介しています。

イークラウド よくある質問

イークラウドに寄せられるよくある質問についてご紹介します。

最大の損失はいくらですか?

最大の損失は投資額が0円になる可能性はあります。

株式投資型クラウドファンディングに限らず、株式投資は0 円になるリスクはあります。

生活に支障がでる投資」は避けましょう。

最高に収益が得られる金額ははどれくらいですか?

具体的な金額は未知数になりまうs。

ただし、IPO上場やM&A売却されると、投資額の数十倍の価値がつく可能性もあります。

投資した株を途中で売却できますか?

イークラウドで投資した株は原則売却できません。

売却については投資先企業にご相談ください。

イークラウドの口コミ・評判

大和証券のグループ会社が出資してる投資会社だから、出品している案件も安心

大和証券のグループ会社「Fintertech株式会社」が出資している事から募集案件は厳選な審査を受けた案件ばかりです。

ベンチャー企業はChatGPTを開発したOPEN AIの様に大手企業と事業提携を受ける事もあるから夢ががある。

ベンチャ企業の魅力

AppleやAmazon、FACEBOOK等の企業も元はベンチャー企業です。

1口10万円の株が数十倍になる可能性もあります。

「株主配当」「配当金」がある企業は少なく投資している感覚がない。

資金が優先的に商品開発、運営資金回されるため「株主優待」「配当金」の制度が取られていないケースがあります。

<br>

募集上限に達して投資できない。

ベンチャーが人気の理由

ベンチャー企業は投資家か好まれる投資先です。

投資家は上限まで投資することが多い事から募集口数が埋まってしまいます。

リスクもあるため余剰資金での投資を心がけてください。

イークラウド まとめ

今後の発展が見込まれるベンチャー企業へ投資ができるイークラウド。

大和証券と事業提携を受けている事かイークラウドで取り扱われている案件は精査され期待値が高い企業と考えられます。

募集をかけると募集口数が上限に達してしまうほど、人気がある株式投資型クラウドファンディングです。

募集案件の事業内容を確認して応援したい企業へ投資してください。

1株10万円の株が10倍になる可能性もあります。

エンジェル税制対象企業に投資した場合、最大投資金額の全額が控除対象になります。

ベンチャー企業と共に夢のある投資をしてみましょう!

\ 10万円からはじめられるクラウドファンディング投資 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次