ANA アメリカンエクスプレス 陸マイラーにオススメ

広告 このコンテンツには広告を含む場合があります。

目次

陸マイラーにオススメ ANAアメリカンエクスプレス

陸マイラーが効率的にマイルを貯めるカードに「マリオットボンヴォイ アメックス」や「ANAアメリカンエクスプレス プラチナ」「ANAアメリカンエクスプレス ゴールド」などがあります。

上記のカードのデメリットは年会費が高い点と審査が厳しい点です。

今回紹介する「ANAアメリカンエクスプレス」は年会費7,700円で、1ポイント1マイルに交換できるマイル還元率が高いANAカードです。

ANAマイルの有効期限を無期限にするANA上級クレジットカードとANAカードの別ブランドとの違いを紹介します。

ANA アメリカン・エクスプレスカード 比較

ANAマイレージを効率的に貯めるならANAアメリカン・エクスプスレスカード GOLD/プラチナカード、マリオットボンヴォイアメックスが有名です。

ANAアメックスの上位カードとスタンダードカードを比較して行きます。

タイトル
ブランドANAアメックス
スタンダード
ANAアメックス
ゴールド
ANAアメックス
プラチナ
入会特典1,000マイル2,000マイル10,000マイル
年会費7,700円34,100円165,000円
ポイント移行コース6,600円
搭乗ボーナス10%25%50%
カード利用100円=1マイル100円=1マイル100円=1マイル
ANAグループ
カード利用
100円=1.5倍100円=2倍100円=2.5倍
ANA航空券購入100円=2.5マイル100円=3マイル100円=4.5マイル
海外旅行保険3,000万円/利用付帯1億円1億円
国内航空保険国内旅行保険で補償国内旅行保険で補償国内旅行保険で補償
国内旅行保険2,000万円/利用付帯5,000万円5,000万円
空港ラウンジ利用可利用可利用可
プライオリティ・パス2回まで無料2回まで無料

ANAアメリカンエクスプレス GOLD以上になると手数料なしでアメックスのポイントからANAマイルに変更できます。

ANAカード 各種比較

ANAカードはアメリカンエクスプレス以外にもVISAやJCBなど馴染みの深いクレジットカードブランドがあります。

僕もANA VISAカードを持っていたけど最初からANAアメリカンエクスプレスにしておけばよかったと後悔…

ANAカードの比較とANAアメリカンエクスプレスにしておけばよかった理由をご紹介します。

ANAカード一般

ブランドアメックスJCBVISAMaster Card
入会特典1,000マイル1,000マイル1,000マイル1,000マイル
年会費7,700円2,200円2,200円2,200円
ポイント移行6,600円
ポイント移行2倍6,600円/年6,600円/年6,600円/年
搭乗ボーナス10%10%10%10%
カード利用100円=1マイル1,000円=5マイル200円=1マイル200円=1マイル
ANA航空券購入100円=2.5マイル100円=1.5マイル100円=1.5マイル100円=1.5マイル
海外旅行保険3,000万円/利用付帯1,000万円※11,000万円※11,000万円※1
国内航空国内旅行保険で補償1,000万円1,000万円1,000万円
国内旅行保険2,000万円/利用付帯
空港ラウンジ利用可利用不可利用不可利用不可
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1JCB・VISA・MASTER CARDの海外旅行保険は、傷害による死亡・後遺障害と救援者費用のみです。
事故や怪我、病気は適用外です。

ANAアメックスと他のブランドとの違いはポイント還元率とポイント有効期限です。

ANA アメリカンエクスプレス 申し込みについて

ANA アメリカンエクスプレス申し込み方法と審査結果

ANA アメリカンエクスプレスは公式ページより申し込むことができます。

ANAカードのページより申し込みもできますが、「友達紹介」のリンク経由で申し込むと500マイルが貰えるキャンペーンを実施中です。

申し込み手順
  • 必要事項を入力(氏名・生年月日・電話番号など)
  • 勤務状況・年収などを入力

必要事項をを入力すると照会に入り、申し込みの流れで審査結果が通知されます。

ANA アメリカンエクスプレスカード 発送まで

2024年2月13日にANAアメリカンエクスプレスカードを申し込みをして、2月16日の朝にクレジットカードの到着予定が2月22日とのメールが届きました。

実際はメールが届いた日の2月16日自宅に届きました。

ゴールドカードやプラチナカードは2週間程度かかる書き込みを見かけます。

ANA アメリカンエクスプレス ポイントをマイルに交換について

ANAマイルに交換は「ポイント移行コース」への加入が必須

ANAアメリカンエクスプレスカードで溜まったポイントをANAマイルに交換するためには「ポイント移行コース」に加入する必要があります。

ポイント移行コースは6,600円の年会費が発生し、解約手続きを行わない限り自動更新になります。

ANAアメリカンエクスプレスカード「プラチナ」と「ゴールド」はポイント以降は無料で利用できます。

通常アメックスのポイント有効期限は36ヶ月のところ、「ポイント移行コース」に加入することでポイント有効期限は無期限になります。

特別搭乗券が取得できるタイミングでANAマイルに交換することで、ポイントを失効せずに有効活用することができます。

ポイント移行について

ANAアメリカンエクスプレスカードのポイントをANAマイルに変更するには、「ポイント移行」が必要になります。

ポイント移行コース」の登録についてはアメリカンエクスプレスのマイページより登録が行えます。

プラチナ・ゴールドカードは無条件でアメックスのポイントをマイルに変換できます。

アメックスポイントからANAマイルへの最小ポイントは1,000ポイントからです。

ポイント移行コースの登録と初回ポイント以降は2週間程度の日数が必要と案内されています。
実際は5日程度間完了しました。
余裕を持ってのポイント移行を行なってください。

ANA アメリカンエクスプレス の特徴について

ANAアメックスの特徴
  • 年会費6,600円とアメックスの中では低価格
  • カード決済で1ポイント(1マイル)
  • マイルが実質無期限
  • 国内ラウンジが無料
  • 手荷物無料宅配サービス(帰りのみ)
  • 国内&海外旅行保険が利用付帯
  • ANAサービス利用でマイルが貯まる

ANA アメリカンエクスプレス審査は厳しい?

アメックスといえば審査が厳しく、高所得者が持つカードというイメージがあります。

ANAアメリカンエクスプレスカードの審査基準はアメリカンエクスプレスの基準のため、楽天カードやリクルートカードよりも厳しいと考えられます。

さらに無料でアメリカンエクスプレスカードのスタンダード「グリーンカード」でも月会費が1,100円とカードを作るにも躊躇してしまいます。

私がANAアメリカンエクスプレスカードを作った感想としては、収入が安定して過去に金融事故(未払い)などがなければ問題ないと感じました。

ANAアメックスの審査に落ちやすい人
  • 過去に滞納がある
  • 若い
  • パート・アルバイト

ANAアメックスの審査結果はWeb申し込みを完了してすぐにわかります。

フリーランスの僕でも審査に通りました。

ANA アメリカンエクスプレスが気になった方は一応、申し込み審査をしてみましょう。
Webが判断するので気軽に申し込みができます。

\入会特典 1,000マイル /

ANA アメリカン・エキスプレスカード 注意点

交通系IC・QRコード決済チャージはポイント還元対象外

ANAアメックスでSuicaやPASMO、楽天Edyなどの交通系IC、QRコードにチャージをしてもポイント還元されません。

また、PayPayやWAONなどの電子決済にはチャージができないケースもあります。

Apple Pay、Quick Payはアメックスの利用、登録は可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次